オフィスに必要なアイテムを有効活用~便利なアイテムくん~

エコが必要な時代だからこそリサイクルが必要不可欠

便利な無線機

IP無線機の今後の使用場面

IP無線機は携帯電話のデータ通信網を利用したトランシーバーのことです。携帯電話のデータ通信網が使える場所なら日本全国どこにいても通話でき、屋内でも屋外でも安定して通話できるのが特徴です。IP無線機はタクシーや警備の仕事などに使われています。 今後は、災害の場面でIP無線機が使われることがあると考えられます。なぜかというと、災害の際に音声回線を使った電話が通信規制により、安定して通話することができなくなることがあるためです。その際にIP無線機を使うことによって、音声回線よりも通信規制がされにくい携帯電話のデータ通信回線を使ったほうが安定して通話することができ、緊急事態の場面でも情報が伝わりやすくなるからです。 このようにIP無線機は、仕事上のものだけではなく災害などの緊急事態の場面でも使用することが多くなると予測されます。

IP無線機にはメリットが多い

IP無線機のサービスを携帯電話各社が取り扱っています。IP無線機とは、携帯電話の回線を使用したトランシーバーのようなものだと理解するといいでしょう。このサービスが登場した背景は、MCA無線の完全デジタル化に伴う周波数行政が絡んでいるため、自然に発生した商品ではありませんが、使い勝手はいいものです。 IP無線機の使い方はトランシーバーの要領でボタンを押すと関連IPの受信側の機器に話ができるようになります。一斉送信も可能でまさにトランシーバー感覚です。 IP無線機に関して注意すべき点は、原理上の理由から会話のタイムラグが少し発生することですが、実用上の障害にはならないでしょう。一方で、既存の無線機と比較するとデジタルデータの伝送ができる等のメリットがあります。

Copyright© 2015 オフィスに必要なアイテムを有効活用~便利なアイテムくん~ All Rights Reserved.